ドライブインシアター始まる 諏訪圏JC

LINEで送る
Pocket

諏訪湖ヨットハーバーで初日を迎えたドライブインシアター。映画上映に先立ち、児童たちの歌声が来場者を楽しませた

諏訪圏青年会議所(JC、木村献理事長)の創立20周年記念事業「ドライブインシアターin諏訪圏」が20日夜、諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーグラウンドで始まった。3夜連続の企画で人気アニメの映画を上映。諏訪地方の小学生の動画を公募で集めて一つの映像にまとめた「リモート合唱」プロジェクトの動画も公開する。初日は家族連れの車両など約60台が集まった。

映像は同グラウンドに設置した大型スクリーンに投影し、音声はカーステレオのFMラジオを通じて届けた。映画上映に先立ち公開されたリモート合唱プロジェクト「諏訪圏ONETEAM(ワンチーム)!」の動画では、児童たちが人気音楽ユニット「いきものがかり」の楽曲「ありがとう」を元気よく歌い、下諏訪向陽高校(下諏訪町)の吹奏楽部が伴奏した。

木村理事長は「新型コロナウイルスの影響で多くの事業も中止となっているが、3密を守りながら最大限楽しめるイベントとして企画したドライブインシアターが皆さんの元気づくりのきっかけになれば」と話した。

ドライブインシアターは21、22日も午後6時30分から。諏訪地方在住者は当日参加も可能。上映作品は「怪盗グルーのミニオン大脱走」。入場は無料。問い合わせは同JCの大澤さん(電話090・9809・0021)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP