伊那合庁駐車場を改修 利用を一部制限

LINEで送る
Pocket

伊那市の県伊那合同庁舎で、老朽化した駐車場の舗装改修工事が行われている。工期は12月27日までの予定。県上伊那地方事務所は、来庁者の駐車場利用が一部制限され、やや離れた第2駐車場を案内する機会が増えるとして、協力を呼び掛けている。

地上駐車場は、老朽化でアスファルトにひび割れが入るなど、傷みが目立つ状態。公用車用の地下駐車場でも雨漏りすることから、舗装し直すとともに防水処理も行う計画だ。施工面積は約2650平方メートル。来庁者用の駐車スペースは約60台分あり、工事終了後は駐車区画の見直しにより数台分増える見通し。事業費は約4100万円。

工事期間中に一定の駐車スペースを確保させるため、工程を3期(9月上旬まで駐車場南側、9~10月は駐車場中間、11~12月は駐車場北側)に分けて実施。駐車スペースは通常の5~6割近くにとどまる見通しで、満車になっている場合は第2駐車場を案内する。車両出入り口も工期によって変わり、11~12月は駐車場南側出入り口を利用するよう呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP