陸上Jr五輪優勝の牧島さん 伊那市長に報告

LINEで送る
Pocket

男子3000メートルでの全国優勝を報告する牧島涼也さん

陸上のJOCジュニアオリンピックカップ全国中学生大会2020(16~18日、横浜・日産スタジアム)の男子3000メートルで優勝した、伊那市東部中学校3年の牧島涼也さん(15)が22日、市役所に白鳥孝市長を訪ね、結果を報告した。全国1位の快挙を成し遂げた牧島さんは「狙っていた通りのレースができた」などと喜びを語った。

16日の予選で自己ベストを10秒以上も更新する8分36秒61をマークし、全体の1位で通過した牧島さん。雨中のレースとなった17日の決勝もスタートから集団の後方につけ、徐々に順位を上げる作戦に出た。「中盤は苦しかったが、このまま終わるのは嫌だった」。残り500メートル付近でトップに立つと、そのまま逃げ切りに成功。2位とはわずか0秒03差だった。

大会のエントリーランキングは7位。「目標は入賞(8位以内)。チャンスがあれば優勝を狙いたいと思っていた」という牧島さん。「予選、決勝と勝負どころで仕掛ける得意のパターンで走れた」と会心のレースを振り返った。卒業後も競技を続ける予定で、「これで満足せずに、高校でも全国の上位で戦える選手になりたい」と一層の飛躍を誓っていた。

白鳥市長は「故障をしないように。これからも楽しみにしています」と、今後の活躍に期待を寄せた。

おすすめ情報

PAGE TOP