2020年10月27日付

LINEで送る
Pocket

つい最近、ある雑誌を読んでいて、実は相撲が国技ではないことを思い起こした。いつの間にか記憶の中で国技とすり替えられていたようだ。厳密に言えば相撲も柔道も剣道も国技ではないのだという。こうした思い込みや勘違い、知っているようで知らないことは自分が思っている以上に多い▼近年知ったことでは、日本三景の宮城県松島を詠んだ有名な句「松島や ああ松島や 松島や」は松尾芭蕉の句と思われがちだが、実は作者は江戸後期の狂言師。もともとは「松島や さて松島や 松島や」だったということだ▼間もなくやって来るハロウィーンには欠かせないのがカボチャ。英語で「パンプキン」と覚えていた。間違いではないのだが正確には「スクワッシュ」。パンプキンはハロウィーンに使用されるオレンジ色のものだけを指すのだそうだ▼世界一長い曲は演奏終了までに600年以上かかること、トウモロコシの粒は必ず奇数になっていること、サハラは砂漠という意味でサハラ砂漠は「砂漠砂漠」になってしまうこと、サイコロの1が赤いのは日本だけ、などたくさんあった▼知っていて何かの役に立つというものではないが、常に知識を深め成長し続けていきたいと願う。知らないことを知ったかぶりして恥をかくよりも、分からないことは分からないと言い切る潔さを持ち、知らないことを知ろうとする貪欲さも持ち続けたいものだ。

おすすめ情報

PAGE TOP