2020年10月29日付

LINEで送る
Pocket

交通の利便性が高く自然豊かな環境に立地する諏訪、上伊那の産業団地。景観にも優れ、伊那インター工業団地では目の前に南アルプスの絶景が広がる。天竜川を挟んで反対側の団地には伸和コントロールズの新工場が完成した。内装に地元産木材を多用して木の温もりや伊那の豊かさを感じられる空間にした▼仕事柄、産業団地内の工場を何度か訪ねている。清潔で開放的なロビーや応接。製品の展示場には最新機器から昭和年代に愛用された機器までが並び、懐かしさと古里を誇りに感じる気持ちが同時に込み上げてくる▼太陽工業(諏訪市)の諏訪南工場に隣接する、茅野市金沢の同社テクノロジーセンター「輝」は現代美術館のようなモダンな造りだった。ガラス越しに周囲の緑が映え、奥に八ケ岳が浮かぶ。社員食堂は広々とし、太陽光がたっぷり差し込んでいた▼この食堂で来月3日、多世代交流の子ども食堂が開かれる。SDGs推進企業として地域課題に向き合う同社が、広い空間を確保できず、3密対策で苦慮する運営側とつながった。コロナ禍で生まれた新たな協働の形と思う▼感染症対策を講じて運営し、社員も見学や体験で先生役を務める。既に定員に達したと聞く。当日は子どもたちが製造業の魅力に触れ、夢や職業観を育む場にもなる。地域の将来を見据えても有意義であろう。市民と企業が協働する1+1は3にも、4にもなる。

おすすめ情報

PAGE TOP