あす「産業まつり」 下諏訪

LINEで送る
Pocket

下諏訪町内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、下諏訪商工会議所は7日に予定している「しもすわ産業まつり」の開催について協議し、これまでに感染経路が特定されていることなどから、予定通り実施することにした。

まつりは午前11時~午後3時で、下諏訪町内の県道岡谷・下諏訪線(通称ジャスコ通り)の古川信号交差点-湖浜信号交差点の約400メートル区間を歩行者天国にして開催。飲食・物販ゾーンでは、諏訪地域の店が約50ブースを設け、食べ物やクラフト品などを販売する。

コミュニティゾーンでは段ボールの家造り、花釣り、アクセサリーワークショップ、ミニ四駆製作、スケボー体験などのほか、特設ステージではダンス、和太鼓などの発表、マグロの解体ショーなどが行われる。また夜には湖畔で1700発の花火を打ち上げる予定。

同会議所では、新型コロナウイルス感染症対策として会場3カ所に入場ゲートを設置して検温を実施する予定で、来場者の協力を求めている。また熱のある人や体調不良の人は来場を控えるよう呼び掛けている。

駐車場はイオン建設予定地および赤砂崎公園ヘリポートを利用。交通規制はジャスコ通りが午前9時30分~午後5時、諏訪湖畔の町道湖岸通り線は午後6時30分~午後8時30分に実施する。

おすすめ情報

PAGE TOP