園児とポニーふれあい 茅野市の豊平保育園

LINEで送る
Pocket

園児にとっては大きなポニーだが優しく乗せてもらい大喜び=茅野市豊平保育園

茅野市の豊平の蓼科ポニー牧場(上村優一郎場長)の移動乗馬教室が9日、同市の豊平保育園と認定こども園ちのせいぼようちえんで行われた。ポニー6頭とスタッフ15人が来園し、引き馬や餌やり体験を通じて楽しい時間を過ごした。

豊平保育園では年少~年長の87人が体験。ポニーは、肩までの高さが147センチまでの馬の総称。大きい4頭が引き馬用で、1頭につきスタッフ2人がつき、楽しいショーをするように語り掛けながら綱を引き、補助した。

年長児は慣れるのが早く、馬上で片手を放したり、両手を広げて飛行機のまねをする余裕も。最後はやさしくなでてお礼を言った。小さい2頭は餌やり用で、家から持ってきたニンジンを与え、食欲旺盛な様子に目を輝かせた。

乗馬は初めての園児が多かったが「大きいけど怖くなかった」「また乗りたい」などと笑顔で話していた。中村幸一郎園長は「コロナで行事が制限される中、癒やしの時間をありがたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP