”快調”ちのおかずワゴン 販売場所拡大

LINEで送る
Pocket

毎週火曜日に「ちのおかずワゴン」が訪れる茅野市の中大塩地区。10日夕も幅広い世代が買い物に訪れた

茅野市のJR茅野駅周辺の飲食8店による移動販売「ちのおかずワゴン」が、夕食のおかずをメインとする弁当の販売場所やメニューを増やしている。曜日ごと異なる地域へ出向いているが、このほど中大塩地区を追加し、市内10地区を網羅。これからの季節に向けて、おでんやビーフシチューといったメニューの試験販売も始めており、「ご家庭でプロの味を」と利用を呼び掛けている。

中大塩は毎週火曜日の午後4時15分からコミュニティセンター(地区公民館)で、同45分から中大塩第二公民館で販売する。住民の声を受けて地区内での販売を希望した経緯があり、10日も幅広い世代が買い物に訪れていた。

毎週利用しているという男性は「高齢世帯が増えているので助かる。味も最高」。2区の平賀今夫区長も家族のおかずを購入し、「住民のコミュニケーションの場にもなっている」と喜んだ。

山本大悟店長によると、20日からは玉川地区の販売場所に諏訪中央病院を追加。北山地区は月内にも河童の湯(湯川)が加わる予定だ。事前予約制で企業からの注文受け付けも開始。

山本店長は「メニューも随時追加、変更していきます。宅配(要予約)もあるので引き続き多くのご家庭に利用していただければ」と話している。

問い合わせ・予約は、ちのおかずワゴン(電話090・7004・9962)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP