茅野の屋台ラーメン移動販売 営業開始2カ月

LINEで送る
Pocket

高齢者にも人気のラーメン移動販売「麺屋 朱治郎」=10月22日、茅野市のアイリス茅野

福祉施設や企業などから予約を受けて、軽トラックを改修した趣ある屋台が出向くラーメンの移動販売「麺屋 朱治郎」(茅野市本町東、羽毛田寿将店長)が営業を開始し約2カ月。秋も深まり、温かい食べ物が恋しい季節になったこともあり、人気が広がっている。

一般の客から受け取った代金の一部を福祉施設の利用者の代金補助に充て、割引料金で食べてもらう新しいかたちの社会貢献。9月から営業を開始し、イベントを含め稼働した10日余りで提供数が500杯を超す順調な滑り出し。趣旨に賛同する企業も増え、毎月出店の申し込みや、市内で開かれる落語会からの予約も入っている。

同市宮川の複合福祉施設アイリス茅野(五味和夫施設長)は10月12日に利用し、グループホームや小規模多機能型居宅介護の比較的元気なお年寄りと職員合わせて約55人が堪能。新型コロナウイルスの感染予防のため外食を控えてきた利用者はこの日を楽しみにしていた。昼前に屋台が駐車場に到着し、開店と同時に食欲をそそる匂いが建物内まで漂った。全て手作りのこだわりの麺やスープ、柔らかい具材の高齢者向けトッピング。屋外で味わった利用者は「店のラーメンは久しぶり。青空も気持ちいいしとてもおいしい」と笑顔で話していた。

出店範囲は同市を中心に半径約50キロ以内。依頼や詳細は同店ホームページで。羽毛田店長は「口コミで依頼も増えている。スタッフが足りず行き届かない部分もあるが、できるかぎり対応したい」と話す。問い合わせは同店(メールinfo@shujiro.jp、電話090・4614・9251)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP