飯島の宮澤さんに最高賞 鉢花類コンク

LINEで送る
Pocket

最高賞の農林水産大臣賞を受賞した宮澤健一さん=塩尻市の県野菜花き試験場

第52回鉢花類コンクール(県、県園芸特産振興展推進協議会主催)が12日、塩尻市の県野菜花き試験場で開かれた。審査の結果、最高賞の農林水産大臣賞に宮澤健一さん(51)=飯島町=のシクラメンが選ばれた。

生産者の技術向上を目的に毎年実施している。今年は県鉢花園芸組合員など県内の栽培農家36軒が、最盛期を迎えるシクラメンを中心に110点を出品した。

同試験場の山口秀和場長や花き市場の関係者ら7人が、発色や葉の本数などを基準に審査。審査委員長を務めた山口場長は「今年は7月の長雨と8月の猛暑があり生育に不安もあったが、皆さんの努力で葉の本数が多い素晴らしい花がそろった」と評価した。

初めて最高賞を受賞した宮澤さんは「気候に注意しながら育て、発色の良い花になった。上位は狙っていたが、最高賞を取れるとは思わなかったのでうれしい」と話していた。

今年は新型コロナウイルス感染防止のため、恒例の一般公開と鉢花類の販売は中止とした。入賞作品数点を20日まで県庁の玄関ホールに展示し、24日に長野市で表彰式を開く。

上伊那地方の入賞者は次の皆さん。

▽農林水産大臣賞=宮澤健一(飯島町)▽生産局長賞=信州ナーセリー(駒ケ根市)▽県知事賞=水野清貴(駒ケ根市)

おすすめ情報

PAGE TOP