丹精ドーム菊玄関鮮やか 伊那の北原さん宅

LINEで送る
Pocket

北原さん宅の玄関先で見頃を迎えているドーム菊

伊那市美篶芦沢の北原啓次さん(84)方で、ドーム菊が見頃を迎えた。半球状に丸く盛り上がり、赤、白、ピンク、黄色の花を咲かせた鉢植えが玄関先を彩っている。

ドーム菊づくりは約20年前に趣味で始め、「ドーム菊の良さは花期が長いこと。花を長い間、楽しめる」と話す。今年は約50鉢を栽培。高さ12~13センチの苗を畑で育て、10月下旬に鉢に移し替えた。丹精込めて育てた花は毎年、地元の寺や病院、親戚宅にプレゼントしており、今年も20鉢ほどを配った。

例年より1週間遅れて見頃を迎えたが、花の咲き具合は平年並み。北原さんは「まずまずの出来。12月初めまでは持つかな」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP