辰野でドライブインシアター20日

LINEで送る
Pocket

ドライブインシアターで使うスクリーンの型枠を手作りするメンバーたち

辰野町で創作演劇や地域文化の魅力発信に取り組む、有志団体「辰野町『寺子屋シアター』プロジェクト実行委員会」(垣内彰代表)は20日午後7時から、同町の荒神山公園のたつの未来館アラパの駐車場でドライブインシアターを実施する。県内で活動する劇団・夢幻工房の「続福島正則~最後の戦い」の公演を収録したDVD作品を上映する。

同実行委は2019年に結成。同工房と協力して今夏、町ゆかりの歴史人物を題材にした住民参加の演劇イベントを開く予定だったが、コロナ禍の影響で中止に。来年の公演を目指し地域へPRしようと、代替企画のドライブインシアターを行うことにした。

演目は、戦国武将の福島正則の埋もれたドラマを掘り起こす三部作の最終回。縦約3メートル、横約5メートルのスクリーンに映像を投影し、音声はカーステレオのFMラジオを活用して流す。資金不足を補うため、メンバーが白いシートと木材で即席スクリーンを製作中。町社会福祉協議会からプロジェクターを借りるなど、手弁当で準備を整えている。

垣内代表は「コロナにめげず、知恵を出し合って企画にこぎ着けた。車内で安全に演劇を楽しむ機会を通じて、新しい仲間づくりのきっかけも生み出せれば」としている。

協力料金1人500円、2人以上1000円。車両は先着50台まで。前売り券を取り扱うほか、当日参加も歓迎。問い合わせは垣内代表(電話090・2415・7405)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP