やまびこ国際スケートセンター 製氷急ピッチ

LINEで送る
Pocket

21日のオープンに向けてリンク作りが進む岡谷市やまびこ国際スケートセンター

岡谷市やまびこ国際スケートセンター(同市内山)の屋外リンクは21日、今シーズンの営業を開始する。運営する市の第三セクター「やまびこスケートの森」の関係者が連夜散水を行っており、オープンに向けた製氷作業を急ピッチで進めている。

今年の製氷作業は7日に開始。8人の職員が2人一組で午後8時から午前4時までの間、400メートルリンク全体に湯をまく散水作業を6回ほど繰り返している。一晩に5~6ミリずつ氷を厚くさせ、最終的に7センチほどの氷厚にしてからライン入れなどを行い、オープンに備える予定だ。

担当の井上亘さん(38)は「例年よりも透明度の高い氷になっている。選手や利用者に気持ちよく滑ってもらえるリンクに仕上げたい」と話している。

今季は来年2月14日まで営業。開場時間は午前8時~午後9時(年末年始は除く)。初日の21日は滑走料無料。問い合わせは同センター(電話0266・24・5210)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP