天高く上るのろしの煙 諏訪地方と北杜市

LINEで送る
Pocket

天高く上るのろしの煙=諏訪市中洲の武居城跡片山展望台

諏訪、上伊那、下伊那の住民でつくる「武田信玄狼煙会」諏訪支部(秋山大一支部代表)は22日、諏訪地域でのろし上げを行った。コロナ禍の影響で例年実施するすべての場所からののろし上げが難しいため、今年はリレーではなく、一斉に上げた。天候にも恵まれ、山の中腹から上がる煙が確認できた。

のろしを上げたのは諏訪地方の7カ所と山梨県北杜市の1カ所。このうち、諏訪市中洲の武居城跡片山展望台では同城跡の環境整備に取り組む保存会のメンバーら約20人が金属製のトタン板を丸めて高さ約2メートルのかまどを作り、中に地元の守屋山の間伐作業で出た木材やヒノキの葉を入れて燃やした。準備時に吹いていた風も徐々にやみ、煙はほぼ垂直に天高く上がった。参加者たちは「今年はうまく上がったなあ」「最高だあ」。などと笑い合っていた。

のろし上げを知り、安曇野市からほら貝を吹くために駆け付けた女性もいた。同時に上げた桑原城跡や上原城跡からの煙もはっきりと確認。下諏訪町の桜ケ城跡も見え、会場を沸かせていた。

保存会の小林利行会長は「うまく上がって良かった。のろし上げには以前から協力しているが、何度やっても楽しいね」と話した。

のろしリレーは、8月29日に下伊那郡から上伊那郡を経て岡谷市湊の花岡公園までつないだ。秋山支部代表は「今後も市町村間の連携を深め、来年はぜひとも一斉リレーを成功させたい」と話した。同会は信玄生誕500年に当たる来年、愛知県境にある根羽村の杣路峠から信玄が本拠地を置いた甲府市までつなぐのろしのリレーを計画している。

おすすめ情報

PAGE TOP