お歳暮セット販売今年も 飯島の「まめっ子」

LINEで送る
Pocket

加工品詰め合わせのお歳暮セット「まめっ子ふるさと便」をPRするまめっ子のメンバー

飯島町農村女性グループ連絡協議会を構成する農産物加工グループのリーダーらで作る「まめっ子」は今年も、自慢の加工品を詰め合わせたお歳暮セット「まめっ子ふるさと便」の販売を始めた。2004年から、夏のお中元と共に注文を受けて全国に発送。コロナ禍で里帰りも難しい中、「懐かしい味で故郷を感じてもらえれば」と話す。12月20日まで受け付けている。

基本となるセットは、フルーツ工房ピュアのブルーベリーソース、いつわ農産加工センターの板もち、みそ加工研究会の「お陣屋みそ」、若葉の会の福神漬け「福美人」と「さくら漬け」、ふるさとの味いいじまの五平餅「天領五平」に、上ノ原花クラブが手作りした来年の干支(えと)「丑(うし)」の根付けを添えた。

価格は3700円(税込み、送料別)で、商品数を変えたり、いつわの新製品ご飯の素セットなどオプションの商品を加えたり自由にアレンジできる。

生活様式の変化で近年注文数は減少傾向にあるが、当初は300セット以上が各地に発送されたふるさと便。毎年注文するリピーターも数多い。

「贈った人たちからは『田舎が来た』って喜ばれる。町出身の人たちにとっては、故郷を思い出す味だと思う」と、まめっ子代表の那須野智代美さん(67)=同町七久保=らメンバー。「それぞれ活動するグループが一つになって長年、取り組んでいる。守り続けている昔ながらの味を楽しんでもらえたら」と話す。

セットは飯島上ノ原にあるいつわの農産加工センターでも購入可能。注文、問い合わせは同センター(電話0265・86・2723)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP