保護者に就活セミナー 南箕輪村で来月5日

LINEで送る
Pocket

保護者向け就活セミナーへの参加を呼び掛ける南箕輪村職員

南箕輪村は12月5日、就職活動を控える学生らの保護者を対象にした就活セミナーを開く。新型コロナウイルスが企業の採用活動に影響を及ぼす中、上伊那地方の企業の採用状況を知ってもらい、学生が古里就職を検討するのを親の立場からサポートしてもらう狙い。オンラインで開催し、通信環境がない場合は南箕輪村民センターか飯島町文化館から参加できる。

村が企画し、5回目となるセミナー。上伊那8市町村や伊那職業安定協会、県上伊那地域振興局、上伊那広域連合との共催で開く。

2部構成で、第1部は採用コンサルティング事業を手掛けるイーキュア(松本市)の福盛二郎さんがコロナ禍での就職戦線や上伊那の就職活動事情などを紹介。伊那職業安定協会が担当する第2部は、企業の採用担当者が採用状況、Uターン就職の現状などを説明する。村地域づくり推進課は「地元企業のことを知ってもらえれば、子どもにアドバイスができる。さまざまな情報を得られるいい機会」と参加を呼び掛けている。

今後進学を予定している子どもを持つ保護者も対象。時間は午前9時30分~午後0時30分。参加無料だが、事前の申し込み(オンラインは当日まで可)が必要。会場の定員は南箕輪村民センターが30人、飯島町文化館が15人。当日視聴できない人には録画配信(要申し込み)を予定している。

問い合わせは平日の午前9時30分~午後5時に事業受託会社のイーキュア(フリーダイヤル0120・640・234)へ。同社ホームページ(e‐cure.jp/seminar/)からも申し込める。

おすすめ情報

PAGE TOP