2016年08月21日付

LINEで送る
Pocket

日本勢の活躍が目覚ましい。時差12時間の日本では、連日深夜のテレビ放送にくぎ付けで睡眠不足が続いてしまったが、選手たちの躍動で眠気も吹き飛んでしまうほどだ。県民にとってはうれしい限り。夏季五輪では初めて県出身選手のメダリストが2日連続で誕生した▼女子バドミントンの奥原希望(のぞみ)選手は大町市出身、陸上男子50キロ競歩の荒井広宙(ひろおき)選手は小布施町出身。荒井選手の場合は3位から一転失格、日本チームの抗議で判定が覆る混乱の末の銅メダル。地元で応援した人たちも胸をなで下ろしたことだろう▼リオ五輪の日本勢は序盤の柔道や体操、競泳陣の活躍から後半のレスリング、シンクロ、バドミントンと切れ目無くつながった。4年後の東京五輪に文字通り明るい「希望」をもたらすことは間違いない。さらなるレベルアップに向けて国挙げて選手強化が進むことになる▼世界の舞台に立ち、なおかつ立派な成績を残せる選手たちには、持って生まれた才能に加え、高みを目指す不断の努力がある。そんな選手たちを支える人たちも大勢いる。多くのメダリストが感謝の言葉を述べることは美徳の一つ▼かといって、期待された成績が残せなくても謝る必要はない。時の運という言葉もある。勝敗の結果はすべて選手たち自身のものだ。4連覇を逃したレスリング女子53キロ級の吉田沙保里選手。立派な銀メダルである。胸を張って帰国してほしい。

おすすめ情報

PAGE TOP