岡谷市の製造業を動画でPR 公開7日から

LINEで送る
Pocket

PR動画を撮影する市職員=ダイヤ精機製作所

岡谷市は、市内製造業者の販路開拓につなげようと、自社製品などを紹介する各企業のPR動画を制作している。7日は、精密機器加工業のダイヤ精機製作所(同市長地片間町)で動画の撮影を行った。これまでに4社の撮影を終えており、編集して完成した動画は同日から、市ホームページやインターネットの動画投稿サイトなどで公開している。

市内中小企業の受注開拓支援として、市は展示会への共同出展事業を行っていたが、今年は新型コロナウイルスの影響で各企業が出展を取りやめたため、企業のアピールの場を創出しようと企画した。

動画は県内外の大手メーカーや商社、製造業者をはじめ、就職活動の参考にしてもらおうと新規学卒者もターゲットに設定。各企業の製品や加工工程、得意分野の技術、社長の思いなどを紹介する。市職員が各社で撮影し、1社3分ほどにまとめる。

ダイヤ精機製作所では、5軸マシニングセンタや同社が開発した微細穴加工機「ビサイア」を活用した加工、旋盤加工の作業の様子などを撮影した。小口裕司社長(63)は「展示会に出展できず、自社製品をPRできない状況だったため助かった。精密加工のイメージを感じてもらい、動画を取っ掛かりに具体的な話を進められたら」と期待した。

市工業振興課は「各企業のPR動画で新たな販路を獲得してもらうとともに、岡谷市が持つ技術力を発信したい」としている。随時、動画制作を希望する市内製造業者を受け付けている。問い合わせは同課(電話0266・21・7000)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP