子育て中に発見茅野の魅力 市民特派員を募集

LINEで送る
Pocket

市民特派員第1期メンバーの活動を紹介する広報ちの12月号の特集ページ。現在は第2期メンバーを募集している

茅野市は18日まで、子育て中の母親らに暮らしの中で見つけた魅力をSNSで発信してもらう「市民特派員」の第2期メンバーを募集している。「子育てをしている中で見つけた茅野市の魅力」をテーマに写真共有アプリ「インスタグラム」などに投稿してもらう。活動期間は12月から2年間。

市のシティプロモーション活動として市民自らが地域資源を市内外に発信し、来訪者の増加を目指す。昨年度から始まり、「チームちのくら」の名称で第1期メンバー6人が活動し、今年11月末までに205回の投稿をしている。対象は市内在住、在勤、サークル活動などをしている子育て中の20~40代の人。インスタグラムかフェイスブックを利用していることが要件で10人程度を募集している。

活動内容はメンバー全員で週3回以上を目標にインスタグラム「チノクラシ」への投稿をしてもらう(フェイスブックとブログには自動投稿される)。月1回程度のミーティングに参加したり、写真撮影の講習会を開いたりする。第1期メンバーも一緒に活動する。

申し込みは市地域戦略課(電話0266・72・2101、内線232)へ。メール(c.senryaku@city.chino.lg.jp)でも受け付ける。

おすすめ情報

PAGE TOP