宮田村も成人式中止 代替イベント検討

LINEで送る
Pocket

宮田村は、2021年1月9日に開催を予定していた今年度の成人式の中止を決めた。10日に開かれた村議会全員協議会で明らかにした。同実行委員会が実施に向け協議を進める中、県伊那保健福祉事務所管内での新型コロナウイルス感染者が増加し「参加者と迎える地元住民の安全安心を確保できない」ことを理由に断念した。今後は、感染状況を踏まえつつ、代替イベントを検討するという。

実行委は今年4月、地元の成人対象者ら8人で発足し、例年通り8月15日の開催に向け協議を開始。その後、感染拡大を踏まえ、7月17日には「1月9日開催へ」と延期を決定した。

しかし11月に入り、同事務所管内で感染者が増加。実行委内でも諦めムードが漂い「再延期と中止の両面」での検討を始めたが、県の感染警戒レベルが3に引き上げられるなど、状況が悪化し12月4日、実行委として中止の意向を確認した。

村担当者は「今年の新成人はコロナに振り回され、かわいそうだった」とし、今年度の対象者113人には近くはがきや村メールで中止を知らせるという。

また村は中止を受け、対象者に地ビール「伊勢滝の風」や成人式パンフレット、学校給食のレシピと調理員のメッセージなどを郵送する。

おすすめ情報

PAGE TOP