諏訪の織物を後世に 八つ縄文織りの高木さん

LINEで送る
Pocket

自店で開いている手織り教室で、八つ縄文織りの技術を伝える高木さん(左)

手芸材料販売の「いちき糸店」(諏訪市清水)の高木義一朗代表(73)が、江戸時代後期に「諏訪小倉」として全盛期を迎え、明治以降に衰退した諏訪の綿織物の技術を後世に残そうと、パソコンの機能を生かして新たな要素を加えた「八つ縄文織り」を考案し、技術の伝承に努めている。高木さんの下で学んだ生徒が同技術を生かしたブランドを立ち上げ、今年は都内にショールームを開設。諏訪の織りの技術と文化の伝承に明るい光が差し始めている。

諏訪地方では古くから農家の副業として、手織りの綿織物が作られてきた歴史があり、江戸時代後期には幕府の産業振興策を受けて全国で織物が盛んになる中、「諏訪小倉」は国内でも有数の生産量を誇っていた。明治時代に入り、各種織物が海外から大量に輸入されるようになると、産業としては衰退し、自家用として残るのみとなった。担い手の高齢化で技術の伝承が難しくなる中、高木さんは「どうにかして諏訪の織りの技術を後世に残したい」と試行錯誤の末、表計算ソフトを活用した「八つ縄文織り」を考案した。

「八つ縄文織り」の最大の特徴は柄の拡大・縮小を自由に行うことができる点にある。それまでは柄の大きさを決めるために必要な試し織りは最低2日かかっていたが、表計算ソフトを使った独自のノウハウにより、30分ほどで自らの意図に沿った柄になるかを確認できるようになった。

高木さんは自店で手芸材料の販売とともに手織り教室を開いており、教室で学んだ生徒が公募展で入賞を果たすなど技術は少しずつ広がっている。そんな中、教え子の一人の別府ちなみさん(53)=神奈川県=が「八つ縄文織り」を生かしたブランド「Jomon」立ち上げ、10月には都内にショールームを開設。東京で諏訪の伝統の手織り技術が発信されることになった。

高木さんは「八つ縄文織りが趣味として広がり、今度は業として伝承されることになった。業となることでより確実に次世代につながるのでは」と期待している。

おすすめ情報

PAGE TOP