ヤーコンなどおやき3種 飯島の新たな名物に

LINEで送る
Pocket

ヤーコンおやきなど3種類のコラボ商品を手にPRする町営業部のメンバーら

地元の食の魅力を官民連携で発信する飯島町営業部食部会は、素朴な郷土食を製造販売している同町本郷の「ふるさとの味いいじま」と手を組み、町内で普及を進めているキク科の根菜「ヤーコン」など地元食材を用いた3種類のおやきを商品開発した。町が27、28日に町の特産品を集めて開くマーケットイベントでお披露目し、新たな名物として販売を開始する。

コラボレーションで開発したのは「ヤーコンとうがらし」「りんご煮&生リンゴのミックス」「ネギみそ」の3種。食部会の提案を受けてふるさとの味いいじまで調理し、部会員が試食を繰り返して完成にこぎ付けた。

ヤーコンはきんぴら状にしておやきの皮で包んだ。リンゴは細かく刻んで素材を生かし、ネギみそは包むのに苦労したがほんのりとした甘さに仕上げた。

部会員の大山美紗季さんは「ヤーコンのおやきはシャキシャキとした歯ごたえで満腹感もある。ピリッとした辛さも今まで食べたおやきと違っていい。ネギみそは酒のつまみにもなりそう。リンゴも含めて五感で楽しめるおやきで、ちょっと違った味わいを満喫してもらえれば」と手応えを話す。

コラボおやきの価格は1個150円で、ふるさとの味いいじまの定番おやきのラインアップに今後追加する。町が27日に旧選果場で開く「ドライブスルーマーケット」、28日に役場で行う「歩いて来てねマーケット」では4個入りパックにして500円で販売する。いずれのマーケットも事前注文の予約制で18日まで受け付けている。問い合わせは町魅力デザイン係(電話0265・86・3111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP