2020年12月19日付

LINEで送る
Pocket

日本人は「3」が好きと言われる。「三種の神器」「三度目の正直」「早起きは三文の徳」「御三家」「石の上にも三年」など、3を使った言葉がたくさんある▼そんな日本人の気質に合ったのだろうか。「3密」という言葉はすっかり定着した感がある。もう説明は不要だろう。新型コロナ感染防止のため回避すべき密集、密接、密閉の三つを言い表したもの。今年の流行語大賞にも選ばれた▼だが、ここにきて「第3波」と言われる感染拡大が止まらない。政府はGo To トラベルの一時停止を決めた。「感染拡大の原因であるというエビデンス(証拠)は存在しない」との立場は崩していないようだが、わたしたちは第1波以来、人の動きと感染拡大の関係について学んできたはずである▼感染拡大防止と社会経済活動の両立がいかに難しいか痛感する。いわゆる「トロッコ問題」を思い起こさせる。有名な倫理学の思考実験である。線路を暴走するトロッコ。その先には作業員5人がいる。ポイントを切り替えれば助けられるが、反対側にも作業員1人がいる。「あちらを立てればこちらが立たず」である▼こんなジレンマから早く抜け出したいが、現時点では一人ひとりが感染防止に気を付ける以外に近道はなさそうだ。言葉だけでなく、行動でも3密を定着させていく必要がある。Go Toの停止を待つことなく、不要不急の外出も控えたい。

おすすめ情報

PAGE TOP