岡谷、諏訪両市と下諏訪町 成人式5月に延期

LINEで送る
Pocket

岡谷、諏訪両市と下諏訪町は21日、来年1月10日にそれぞれ開催を予定していた成人式の日程について、いずれも大型連休中の5月2日に延期する方針を明らかにした。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、参加者や家族、住民の安全を考慮して判断した。

岡谷市は「成人式がさらなる感染拡大の要因となる可能性を否定できない」(市教育委員会)とし、同日開いた市新型コロナウイルス感染症対策本部会議で延期の方針を決めた。すでに全対象者569人の71・2%に上る405人から参加申し込みがあったが、近日中に全員へ延期の通知を送付する。

5月の成人式については3月中に改めて全対象者に案内を送る。再延期はしない方針。市は代替えの企画として成人を祝う看板を設置したフォトスポットを年内にも市役所正面入り口付近に設け、新成人らに記念撮影の場を提供していく。

諏訪市でも全国的な感染状況を踏まえて決めた。11月下旬に該当者約480人に対して案内を通知し、23日まで参加を募っていた。21日までに約半数に当たる250人から申し込みがあった。

参加予定者には電子メールで延期の一報を伝え、後日改めて文書を送る。5月の成人式については3月中旬ごろに改めて案内通知を出す。

当初は式典を午前と午後の2部制にする分散開催などで感染防止を図りながら開く予定だったが、市教育委員会生涯学習課は「新成人や家族、地域住民の安全を第一に考えて延期を決めた。新成人にとって大切な節目であり、5月開催に向けて準備していく」としている。

下諏訪町は、新型コロナウイルス感染症対策本部会議で成人式の延期を報告した。県内の自治体で成人式の延期決定が相次いることと、11月に町が対象者に実施した出欠調査で、出席を希望した約120人のうち約6割が町外からの参加だったことから参加者の感染リスク低減のため延期を判断した。

5月の式は密を避けるため町下諏訪総合文化センター大ホールで開く。規模縮小のため例年行う記念演奏、国歌斉唱、祝電披露は省略する。対象者には22日、通知を郵送する。

おすすめ情報

PAGE TOP