医療従事者へ年賀状 高遠中2年1組

LINEで送る
Pocket

医療従事者に宛てて年賀状を書いた高遠中2年1組の生徒たち

伊那市高遠中学校2年1組は、今春始めた取り組み「2年1組THANKS PROJECT」の一環で、新型コロナウイルス感染拡大と闘う医療従事者に宛てて年賀状を書いた。感謝や応援、ねぎらいの言葉を書き込んだ年賀状が完成。25日にポストに投函する。

取り組みは、これまでに医療従事者への応援のほか、休校や学校行事の相次ぐ延期、中止に遭った全国の中学生に向けた励まし、心掛けたい感染予防対策をメッセージにして発信。同校ホームページや本紙に掲載した。

出来上がった年賀状には、「多くの『命』『今』『未来』を守ってくださり、ありがとうございます」「皆さんを応援しています」など、感謝や応援の気持ちをびっしりと書いた。来年のえと「丑」が題材の駄じゃれや白黒のまだらの絵柄、温泉に漬かる牛の絵を加えた心がほっこりとするはがきも多い。

コロナ禍の中で頑張る人に年賀状を送り、応援を届けようという事業「エール年賀」(日本郵便信越支社企画)に賛同した活動。郵便局社員を親に持ち、この活動をクラスに提案した生徒は「クラスのみんなが快く賛同してくれてうれしかった。年賀状には一緒に頑張りましょうとの思いを込めた」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP