花園へ出発 初戦は27日 岡谷工ラグビー部

LINEで送る
Pocket

健闘を誓ってポーズを取る岡谷工業高校のラグビー部員

27日開幕の第100回全国高校ラグビー大会に出場する岡谷工業高校(岡谷市)の選手たちが25日、会場となる大阪府東大阪市の花園ラグビー場に向けて出発した。

選手たちを見送った村松義晴教頭は「今まで培った自分たちの力を存分に発揮し、県の代表として堂々と戦ってきてほしい」と激励。栁舘優有輝主将(17)は「支えてくれた人たちに感謝しながら、楽しんでプレーしたい。岡工らしい激しいラグビーで、まずは初戦を突破します」と力強く語った。

学校を出発した選手たちは下諏訪町の諏訪大社下社秋宮で必勝を祈願。この日は京都市の妙心寺で座禅を組み、奈良市内に宿泊した。

初戦は27日で、初出場の四日市工業高校(三重県)と対戦する。勝てば30日の2回戦で、創志学園高校(岡山県)と石見智翠館高校(島根県)の勝者と当たる。

おすすめ情報

PAGE TOP