諏訪湖フォトコン 入賞作品5点決まる

LINEで送る
Pocket

最優秀賞を受賞した写真

より良い諏訪湖を目指す官民組織「諏訪湖創生ビジョン推進会議」は、画像共有アプリ「インスタグラム」で募った諏訪湖に関するフォトコンテストの入賞作品を発表した。最優秀賞と優秀賞、諏訪湖創生ビジョン(特別)賞に計5点が選ばれた。最優秀賞は立石公園(諏訪市)から諏訪湖を見下ろすカップルの後ろ姿を映した写真が受賞した。

初の企画で、県内外から470点の応募があった。「世界に伝えたい!とっておきの諏訪湖」をテーマに「風景」と「魅力」の2部門を設け、諏訪湖の魅力が伝わる写真を8~10月に募集。応募作品の内訳は魅力部門138点、風景部門332点だった。審査は地元の写真家や同会議の関係者で行われた。

同会議によると、応募者の世代は幅広く、地元の人はもちろん県外在住者が帰省した時や観光客の旅の一こまを切り取った写真もあったという。また、諏訪湖に寄せる思いを一緒に投稿したものが目立ち、「諏訪湖が皆さんの生活の一部だと伝わってきた」とする。

最優秀賞の受賞者は「何気なく撮った写真ではありましたが、一人でも多くの方に諏訪湖に行ってみたいと思っていただけたらうれしく思います」などとコメントを寄せた。

入賞作品は諏訪湖の日ホームページに掲載している。同ホームページのリンクからは応募作品も見られる。作品は諏訪湖のPRなどに活用する予定。

おすすめ情報

PAGE TOP