八ケ岳でご来光を 登山者入り込みピーク

LINEで送る
Pocket

雪を踏みしめて山小屋を目指す登山者=茅野市美濃戸

年末年始を八ケ岳連峰で過ごす登山者の入り込みがピークを迎えている。例年多くの登山者が訪れる茅野市の美濃戸口では30日、単独や3~4人ほどのグループで登る登山者などが時折訪れ、冬山装備をそろえた大きな荷物を背負って、主峰・赤岳(標高2899メートル)などへ向かった。

赤岳直下の赤岳天望荘などを経営する藤森周二さんによると、例年は30~31日がピークだが、今年は新型コロナウイルスによる登山の自粛や山小屋の休業、年末に訪れる大寒波の影響などにより、登山者は少ない傾向だという。山の状況については、雪が少なく、場所によってはないところもある。31日から寒波が強まり、登山道の凍結が予想されることから、「転倒や凍傷に気を付けてほしい」としている。

毎年八ケ岳でご来光を眺めているという大塚太陽さん(44)=千葉県船橋市=は、今年も大学時代の友人と2人で硫黄岳などを巡る。「毎年登っているなじみの山だが、大寒波も来るので無理をしないようにしたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP