初詣や初滑りで初尽くし 茅野市の車山高原

LINEで送る
Pocket

車山の山頂にある「スカイテラス」や車山神社を訪れる人たち=1日午前7時

長野県茅野市の車山高原で1日早朝、初日の出に合わせたリフトの特別運行があった。県内外の家族連れやカップル、スキーヤーらが2本のリフトを乗り継ぎ、標高1925メートルの車山山頂へ。あいにくの天候で初日の出は拝むことができなかったが、オープンしたての展望テラスを初めて体感したり、車山神社に初詣に訪れたりし、初滑りまで”初・初尽くし”を楽しんだ。

市が山頂に整備した「スカイテラス」の完成を祝い、正月三が日は午前6時からリフトを運行している。スキー場を運営する信州綜合開発観光によると、1日午前6時の山頂の気温は氷点下13度。来場者は防寒対策を万全にして山頂に向かい、約300平方メートルの広さがある新名所で記念写真をパシャリ。

雪で覆われた山頂の荘厳な雰囲気と、身も心も清められる寒さを堪能し、「天気がいい日にまた訪れたい」と笑顔を見せていた。

両親と訪れた小学1年の女子児童(7)は「リフトに乗っている時に(厚い雲の合間から)富士山が見えた」とうれしそう。「コロナが早く収まって、スポーツと勉強をたくさんしたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP