静かな初詣 分散参拝で混雑なし 諏訪大社

LINEで送る
Pocket

初詣で今年1年の家内安全や無病息災を願う参拝者=1日、諏訪大社上社本宮

2021年の幕開けとなった1日、諏訪地方の神社や寺院には初詣の参拝客が訪れた。新型コロナウイルスの感染収束が見通せない中、諏訪大社でも例年ほどの混雑は見られなかった。マスク姿の参拝者らは密を避けつつ、1年の幸せを願って手を合わせた。

諏訪大社上社、下社では、新型コロナウイルス感染予防のため、三が日を避け少人数でお参りをする分散参拝(分参)を呼び掛けたため、例年よりも参拝客の人数は少なめとなった。

諏訪市の上社本宮では、参拝客に「マスクの着用」「1組3人までの人数制限」「手指の消毒」を呼び掛けた。例年なら参拝所前にできる長い行列はなく、静かな初詣になった。参拝者は互いの距離を気にしながらソーシャルディスタンスを保ち、静かに手を合わせていた。

横浜市から毎年一家4人で訪れている男性は「家族の健康や子どもの学業成就を祈りました。昨年は子どもの学校行事がコロナでできなかったので、今年はできるようになってほしい」と願った。

おすすめ情報

PAGE TOP