住みたい田舎ランキング 宮田村が総合1位

LINEで送る
Pocket

4日発売の月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)2月号で、全国の市町村を対象にした「2021年版住みたい田舎ベストランキング」が発表され、宮田村が村ランキング総合部門1位に選ばれた。同村は「子育て世代が住みたい田舎部門」でも1位、「若者世代・シニア世代が住みたい田舎部門」の2部門も2位と全4部門の全てで2位以上と広い世代の支持を得ている。

同誌が全国市町村の移住支援策、生活環境などを調べて「田舎暮らしの魅力」を数値化する調査。13年から行い今回で9回目となる。移住定住の促進に積極的な市町村を対象に、275項目にわたるアンケートを実施。全国645自治体から得た回答を基に「田舎暮らしの魅力」を数値化した。人口10万人以上の「大きな市」と、同10万人未満の「小さな市」、「町」「村」の4グループに分け、ランキング形式でまとめた。

世代によって移住者のニーズや施策が多岐にわたるため、全世代対象の「総合部門」のほか、「若者」「子育て」「シニア」の各世代部門を設けている。

宮田村については▽生活圏が半径2キロとコンパクトで買い物がしやすい▽村内企業が多く伊那市や駒ケ根市も通勤圏▽雪があまり降らない▽3歳未満児専門の保育園があり共働きも安心―などが住みやすさのポイントに掲げられている。

小田切康彦村長は「移住してもらうには村民から愛される村であることが必要。これまで村が築いてきた成果が形となったとすればうれしい」と話している。

上伊那地方ではほかに、辰野町が町ランキング総合部門とシニア世代が住みたい田舎部門でともに3位に入った。

おすすめ情報

PAGE TOP