コロナ 諏訪地域15人 県内では67人感染

LINEで送る
Pocket

県と長野市は8日、県内の10~90代の男女67人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。諏訪地域では小学生から50代の男女15人が陽性となった。内訳は岡谷市6人、諏訪市4人、下諏訪町4人、茅野市1人でいずれも軽症。4人が入院、1人が宿泊療養施設に入所、10人が自宅療養。県内の感染者は累計1500人になった。

岡谷市のうちの5人と下諏訪町の感染者は、いずれも7日に感染が発表された岡谷市の50代会社員女性の濃厚接触者。この女性の濃厚接触者としては同日、4人の感染が発表されている。この4人のうち2人の濃厚接触者として、8日に発表された諏訪市の感染者4人も確認されている。

一連の感染者は18人に上る。県感染症対策課では「多くの感染者が同一の機会に接触があったことを確認しているが、詳細は調査中」としている。

ほかに岡谷市の30代男性が発症前2週間以内に東海地方に滞在歴があり、県外の陽性者の濃厚接触者。茅野市の30代男性は感染経路を調査中。

このほかの感染者は松本市10人、小諸市9人、佐久市7人、東御市5人、上田市5人、安曇野市4人、長野市3人、飯田市2人と塩尻市、伊那市、辰野町、北佐久郡御代田町、同軽井沢町、北安曇郡白馬村、東筑摩郡山形村で1人ずつ。

ほかの感染者との濃厚接触者や接触者は31人。発症前2週間以内に県外滞在歴のある感染者は8人。23人の感染者の感染経路は調査中。

8日午後4時現在の県内の患者の療養状況は入院中181人、宿泊療養中77人、自宅療養中24人、宿泊療養予定4人、入院や宿泊療養を調整中64人。入院中の感染者のうち重症は7人、中等症は40人。県内の専用病床350床に対する利用率は51・7%。

おすすめ情報

PAGE TOP