諏訪湖3季ぶり全面結氷 御神渡り期待膨らむ

LINEで送る
Pocket

全面結氷した諏訪湖を諏訪市立石公園から眺める宮坂大総代

晴天となり放射冷却の影響で冷え込んだ13日、諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)は、宮坂清宮司(70)や総代ら6人が諏訪市豊田の舟渡川河口近くで湖面の状況を観察し、「全面結氷」を認定した。全面結氷は御神渡りが出現した2018年以来3季ぶりとなる。御神渡りへの期待が膨らんだ。

午前6時半の気温は、宮坂宮司の温度計で氷点下9度と5日に観測を始めてから最も低かった。湖岸の氷は厚さを増し、総代らが湖面に出て、氷を割るための「氷斧」で三角形の形に割って厚さを測ると、5センチあった。

この日は、結氷の範囲が河口からでは判定できないほど広範囲に及んでいた。笠原清一観察総代(63)=同市渋崎=が湖面全体を見渡せる有賀峠の中腹まで行き、確認してから認定した。全面結氷の報告を聞いた瞬間、関係者からは驚きと共に歓声が上がった。

湖岸での観察後、諏訪市立石公園に移動して湖面全体の様子を観察。北澤美術館の周辺から湖の中央に向かって、肉眼でもはっきり見えるほどの氷の亀裂が白い筋となっていた。

宮坂宮司は「全面結氷している姿を久しぶりに見た。雄大で、いつ見てもすごいと思う。次の寒気が来れば、亀裂部分が隆起するのではないか」と話していた。宮坂平馬大総代(67)=同市高島=は「きれいに凍った諏訪湖が見れてうれしい。ぜひ御神渡りができて、平和で落ち着いた1年になってほしい」と期待を込めた。

前回、御神渡りが出現したのは18年2月2日。この時には1月15、27日の2回、湖が全面結氷した。

長野地方気象台によると、県中部地方は16日ごろまでは平年より高めの気温が続くが、17日から20日にかけて平年並みの気温になると予想している。

おすすめ情報

PAGE TOP