諏訪の魅力体感 非接触のスタンプラリー開始

LINEで送る
Pocket

非接触でスタンプラリーが楽しめるスポットのポスター=諏訪市湖岸通りの「くらすわ」

諏訪地域の観光施設を巡る「非接触」のスタンプラリーが15日から始まった。日本自動車連盟(JAF)長野支部(宇都宮進一支部長)と諏訪観光協会(佐久秀幸会長)が信州大学人文学部佐藤ゼミ(佐藤広英准教授)と連携し、信大生のアイデアを実現した。3個以上のスタンプを集めた参加者には、抽選で特産品がもらえる特典もある。4月15日まで。

JAF長野支部の地域密着イベントの一環。信大生がアフターコロナの観光を見据え、自動車で若年層も楽しめるコースを考えた。「撮りたい!食べたい!体験したい!」をテーマに選定した10施設を巡ると、諏訪の魅力が体感できるようになっている。

スタンプは、各施設にある「信州大学生presents!諏訪ドライブスタンプラリー」ポスターの二次元コードをスマートフォンで読み込めば、非接触で取得できる。ピーエムオフィスエー(諏訪市)が提供する「諏訪姫」などのキャラクターのスタンプがもらえる。抽選で当たる特典はスタンプ3個が諏訪グッズ(10人分)、同5個が諏訪のお菓子(7人分)、同7個以上が諏訪の特産品(5人分)。賞品は5月下旬までに当選者に発送する。

諏訪市湖岸通りの商業施設「くらすわ」は、1階インフォメーションコーナーにスポットを設けた。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける中で、「学生が考えた面白い企画。近場の皆さんに楽しんでいただけたら」と期待している。

スタンプスポットは次の通り。

諏訪市博物館、宮町通り社乃風・風和里、諏訪湖いちご園、諏訪高島城、れすとらん割烹いずみ屋、諏訪湖間欠泉センター、諏訪湖観光汽船、くらすわ、片倉館、ピーエムオフィスエーPLUMSHOP諏訪店

おすすめ情報

PAGE TOP