神秘的な霧ケ峰の花々撮影 茅野さんが写真集

LINEで送る
Pocket

茅野さんが発行したマクロ撮影の写真集「花と露と風のメルヘン」

日本写真協会会員の写真家・茅野公平さん=茅野市=が、写真集「夜明けの霧ケ峰高原花と露と風のメルヘン」を発行した。聞こえてくるのは風のささやきと鳥のさえずりだけという自分だけの”秘密の撮影場所”で収めた、小さな被写体を大きく写すマクロ撮影による神秘的でかわいらしい写真約70点を掲載している。

茅野さんは、写真館や現像所勤務を経て本格的に写真撮影を始め約50年。専門誌の写真コンテストで入賞を重ね、ヌード写真専科・信州女性写真倶楽部、写遊会赤とんぼ、写真事務所を設立し、指導者としても活躍。

霧ケ峰のマクロ撮影は、北海道美瑛や京都祇園などの撮影とともに長年取り組むテーマで写真集は初。撮りためた中から、植物の茎などに付いた小さな水滴の中にキスゲやフウロを写した作品をはじめ、葉から朝露の玉が滑り落ちる瞬間、神秘的なおしべやめしべ、クモの巣に付いた朝露がネックレスのような作品を掲載した。茅野さんは「マクロ撮影は自宅の庭でも楽しめる。雨上がりに逆光でシャッターを押してみて」と話す。

写真集は15センチ四方のコンパクトサイズで71ページ。極精細ドットの高級画質印刷。税込み2900円。問い合わせは茅野さん(電話090・3565・8014)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP