JA諏訪支所が完成 来月1日から業務開始

LINEで送る
Pocket

完成したJA信州諏訪の諏訪支所。旧城南営業所跡に小和田、上諏訪、四賀の3支所を統合した拠点として新築した=諏訪市高島

JA信州諏訪は19日、支所再編計画の一環で諏訪市高島の旧城南営業所跡に新築した諏訪支所の内覧と引き取り式を同支所で開いた。役員、支所建設委員会や施工業者ら約30人が参加し、建物の完成を喜んだ。2月1日から業務を開始する。

支所は鉄筋コンクリート造り一部2階建てで延べ床面積959平方メートル。1階に金融店舗や相談室、ATM(現金自動預払機)を設置し、不動産取引の子会社ジェイエイサービス諏訪の諏訪支店を併設する。2階は大小の会議室を設け、調理設備を完備。地域、組合員向けのカルチャーセンターとしても活用しやすいようにする。旧城南営業所の敷地面積は2228平方メートル。駐車場は40台。

同JAの支所再編計画のうち、諏訪、岡谷、下諏訪の3市町の計画は昨年5月の通常総代会で承認された。昨年10月にそれまで11支所1営業所だった体制を4支所7営業所体制に改め、電算統合を行った。諏訪支所は再編以前の小和田(城南営業所含む)、上諏訪、四賀の3支所を統合した拠点。上諏訪、四賀はいずれも諏訪支所の営業所となった。諏訪支所ができるまでの間、暫定的に小和田支所に機能が集約されていたが、諏訪支所の業務開始に合わせて機能を移す。

引き渡し式ではJA側が施工業者からキーボックスを受け取った。小松八郎組合長は「立派な建物が完成した。支所再編計画にとって大切な施設であり、安堵している。諏訪支所が地域の皆さんに喜ばれる場所となるよう役職員一丸となって盛り立てていきたい」とあいさつ。藤森紀保同委員長は「工事関係者の努力のおかげで素晴らしい施設になった。ありがたい」と述べた。

設計監理はジェイエイ一級建築士事務所(茅野市仲町)、施工はスワテック建設(諏訪市城南)。

おすすめ情報

PAGE TOP