スマホ決済サービス4月導入 宮田村

LINEで送る
Pocket

宮田村は、スマートフォン(スマホ)決済サービスの「PayPay(ペイペイ)」と「LINE Pay(ラインペイ)」による村税や保険料などの支払いサービスを4月1日から開始する。いつでもどこでも納付が可能で、住民の利便性や収納率の向上につなげていく。

対象になるのは、固定資産税、個人(法人)住民税、軽自動車税、国民健康保険税の各税のほか、後期高齢者医療保険料、介護保険料、上下水道使用料、住宅使用料、保育料などの各種料金。

インターネットに接続できるスマホのアプリから、いつでもどこからでも支払いが可能。現金を所持していなくても銀行口座などから電子マネーをチャージして支払いができる。

バーコード印字の納付書(コンビニエンスストアで使えるもの)なら全ての税・料金で決済が可能。一度に支払いができる金額はPayPayが30万円まで、LINE Payも30万円だが、上下水道料金のみ5万円未満になる。

支払い手続き完了後の支払い取り消しはできない。領収書などが必要な場合は、金融機関やコンビニなどの窓口を利用し、納税証明書発行は別途申請する。

村は「コロナ禍で非接触性が重視されている昨今、村もキャッシュレス化の流れに沿い、支払い方法の多様化を目指していく。多くの方に利用してほしい」と話している。問い合わせは村住民課(電話0265・85・3181)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP