校庭リンク雨中の記録会 茅野市泉野小

LINEで送る
Pocket

保護者が見守る中、力いっぱい滑る低学年の児童たち。雨の校庭リンクに頑張る姿が映り込んだ=茅野市泉野小学校

茅野市泉野小学校は23日、校庭の天然リンクでスケート記録会を開いた。季節外れの雨で氷上に水が浮いたが、PTA役員や教職員らが早朝から排水、製氷し、1周140メートルのコースを整備。雨やみぞれが降る中、9日間のスケート学習や自主練習を重ねてきた全校児童86人が、転んだりしながらも滑り抜き、両親や祖父母らに上達ぶりと練習の成果を披露した。

悪天候のため、校内大会を記録会に切り替え、リレーを取りやめるなどして時間短縮を図った。児童たちは、半周~4周のいずれかの距離に挑戦。1、2年生は転んでもすぐに立ち上がり、声援を受けながらゴールを目指した。

6年生の滑走時間には雨からみぞれに。巧みなコーナーワークを見せる子もおり、集大成の滑りで会場を沸かせていた。2年の児童(8)は「雨でも転ばずに滑ることができた」。5年の児童(11)は「朝の天気を見て心配したけれど、滑ることができてうれしい。感謝したいです」と話した。

記録的暖冬だった昨季は滑走可能な状態にならず、2季ぶりの成果発表となった。同校によると、今季のリンクは強い冷え込みで良好な状態に仕上がり、12日から連日、スケート学習を実施。午後5時からのナイタースケートも4日間行ったという。

同市金沢小の校庭リンクで23日に開かれる予定だった校内スケート記録会は、悪天候のため中止となった。

おすすめ情報

PAGE TOP