文化財防火デー合わせ防災訓練 伊那市教委

LINEで送る
Pocket

初期消火訓練をする参加者ら

伊那市教育委員会は25日、「文化財防火デー」に合わせ、同市高遠町東高遠の国史跡「高遠城跡」内にある「進徳館」で防災訓練を行った。関係者が通報や避難誘導、訓練用消火器や消火栓を使った初期消火の手順を確認し、万一に備えた。

1949年1月26日に法隆寺金堂で起きた火災を受け、同日が「文化財防火デー」に制定された。市内では市教委と上伊那広域消防本部が協力して毎年実施。今年は市教委関係職員や進徳館管理委託者ら約10人が参加し、同本部高遠消防署員4人が協力した。

訓練は同館北側の山林内で落雷により出火し、延焼の危険がある│との想定。通報訓練では職員が119番し、出火場所や見学者の避難状況などを伝えた。初期消火訓練では同消防署員が参加者らに消火器や消火栓の使い方を指導。設備の確認や放水訓練を実践した。

訓練を見守った同消防署の北條秀樹予防係長は「防火意識を高め、設備の確認などをしながら継続的に防火管理に努めてほしい」。市教委生涯学習課生涯学習・文化財係の登内茂利係長は「訓練で細かな確認ができた。文化財を後世に引き継ぐためにも防火意識を高めていきたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP