諏訪湖の御神渡り 出現厳しい見通し

LINEで送る
Pocket

氷が解けた諏訪湖で水温を計測する八剱神社の関係者

諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)は27日、宮坂清宮司(70)や総代らが同市豊田の舟渡川河口近くで湖面の状況を観察し、前日朝まで残っていた諏訪湖の氷の大部分が解けたことを確認した。大寒を過ぎて解氷した湖面には水鳥が浮かび、宮坂宮司は「振り出しに戻った状況」。3季ぶりと期待された御神渡りの出現は厳しい見通しとなった。

今季3回目の雨降りの観察となったこの日、気温は宮坂宮司の温度計で3.6度、水温は3.1度と、観察を始めてから最も高かった。霧が立ち込めた湖面からは水鳥の鳴き声が聞かれ、これまで残っていた河口付近の氷も、一部を残すのみとなった。

宮坂宮司は「近年は大寒に入ってから暖かい日が続く傾向にある」とし、「週末の寒波で氷は張ると思うが、どこまで成長するかは疑問」と悔しさをにじませた。総代や宮司らがそろっての観察は、立春ごろまで続ける予定でいる。

長野地方気象台によると、27日の諏訪の最低気温は3.1度で、平年より9.9度高く、4月上旬並みの温かさとなった。日中は8.6度まで上昇した。28日の最低気温は氷点下3度、最高気温は9度を見込んでいる。

おすすめ情報

PAGE TOP