子どもに安心できる場所を 宮澤さん講演

LINEで送る
Pocket

「子どもたちの笑顔のために、学級崩壊したクラスを立ち直らせられる人を増やしていきたい」と語る宮澤悠維さん

環境や歴史、観光などさまざまな分野で活躍する講師から学ぶ「ヤツガタケトークセッション×諏訪地域学」の第7回が30日、原村の八ケ岳自然文化園で開かれた。教育関係者や地域住民ら約50人が参加。教育ユーチューバーの宮澤悠維さん(36)=同村原山=が「全ての子どもに安心できる場所を」と題して講演した。

宮澤さんは松本市出身。京都府で6年間、県内で4年間小学校教諭として教壇に立ち、2020年3月に退職。現在は、学級崩壊した学級を何度も立て直した経験を生かし、学級経営コンサルティングやオンライン家庭教師として活躍している。

宮澤さんは、県内の小学校で学級崩壊した学級を受け持ち、実践した取り組みを紹介。「1年間過ごしてきた中で、児童たちは立ち上がり、大きな自信をつかみとろうとしていた」とする一方、「心の傷はあまりにも大きく、担任として一緒に背負うことしかできなかった」と振り返り、「学級崩壊はだれもがつらい思いをする。人生をかけて学級崩壊が無くなるよう取り組んでいきたい」と語った。

講演に先立ち、不登校ゼロを目指す学校づくりを特集したドキュメント映画も視聴した。

おすすめ情報

PAGE TOP