信州諏訪フラワーショーきょうまで 下諏訪

LINEで送る
Pocket

ボリューム感のあるトルコギキョウなどが出品されているフラワーショー。品質のいい野菜も並ぶ=下諏訪体育館

ボリューム感のあるトルコギキョウなどが出品されているフラワーショー。品質のいい野菜も並ぶ=下諏訪体育館

JA信州諏訪の第13回フラワーショー・野菜品評会が26日、下諏訪体育館で2日間の日程で始まった。管内の生産者が花と野菜合わせて306点を出品。初日は一般公開に先立って審査が行われ、最高賞の県知事賞は小池一司さん=富士見町=の輪ギクと、篠原慶太さん=原村=のセロリに決まった。

生産技術の向上を目的に開いており、品質や色、形を競った。出品の内訳は花が141点、野菜が165点。小松八郎組合長は「高温で生産者泣かせだったが、頑張っていい品を出してくれた」と評価していた。

27日は表彰式を行い、午前9時から午後2時半まで一般公開する。出品された農作物の購入もできる(引き渡しは午後2時半~3時半)。

おすすめ情報

PAGE TOP