伊那市AIタクシー エリア拡大へプレ運行

LINEで送る
Pocket

天竜川東側地域へのエリア拡大に向けてプレ運行を始めた「ぐるっとタクシー」=伊那市役所

伊那市は1日、人工知能(AI)を活用した自動配車乗合タクシー「ぐるっとタクシー」の天竜川東側地域への運行エリア拡大に向けたプレ運行を始めた。「富県・東春近」と「新山・河南・長谷」の両地域の住民が対象で、26日まで無料で利用できる。既に運行が始まっている天竜川西側地域に続き、4月からの本格運行を目指す。

ぐるっとタクシーは、乗車予約を受けるとAIが最適なルートを判断し、タブレット端末を通じて運転手に知らせる仕組み。複数の利用者を乗せながら効率良くそれぞれの目的地へ向かう。

先端技術を活用して地域課題の解決を図る新産業技術推進事業の一環で、昨年4月から天竜川西側地域で本格運行がスタート。玄関先から玄関先まで送迎する「ドア・ツー・ドア」の利便性の高い公共交通サービスとして期待されている。市は市内全域への拡大を目指す方針で、10月からは「竜東・手良・美篶」と「高遠町」の両地域でも運行を始める予定だ。

利用対象者は各地域に居住する65歳以上の高齢者、運転免許返納者、障がい者で、事前の登録が必要。通常の運賃は1人1回500円(割引あり)だが、プレ運行期間中は試乗券を配布し無料で利用できる。運行時間は平日の午前9時~午後3時。電話、インターネット、ケーブルテレビから予約できる。

それぞれの地域と市街地を結ぶエリアを運行。地域内の乗降は自由(運賃は1回ごと必要)。「新山・河南・長谷」からは高遠市街地へも利用できる。市内のタクシー事業者4社に委託し、4台(セダンタイプ2台、バンタイプ2台)を走らせる。

この日は市役所で出発式が開かれ、あいさつした白鳥孝市長は「天竜川東側の皆さんからも早く運行を始めてほしいという希望があり、きょうに至った」と強調し、「来年度中にはすべての地域でぐるっとタクシーが動くことになる」と力を込めた。

おすすめ情報

PAGE TOP