萌えキャラ4人「さくら組」 伊那市高遠中

LINEで送る
Pocket

高遠中学校の公式萌えキャラクターに決まった「さくら組」4作品

伊那市高遠中学校の公式萌(も)えキャラクターが4日、決まった。生徒の応募作6点から全校生徒と職員、保護者、来年度同校入学予定の小学6年生の計255人による投票で決定。4点のキャラクターを採用し、「高遠中学校さくら組」との名で4人組のチームにした。生徒の学習活動や学校のPRに活用する。

同校は高遠城址公園さくら祭り期間に校庭を駐車場として開放し、観光客をもてなす観桜期ボランティアをしている。今春は2年生が新たな活動を準備中。2年生が地元の店と共同開発する菓子の包装に萌えキャラを使う案などが既に挙がっており、「高遠中学校さくら組」は主に観桜期の活動で活用する予定。

投票は「高遠中生らしいキャラか」など5項目を20点満点で評価。総合点が高い順に出席番号を付け、 1、高城咲(3年の林真奈美さん作) 2、音花多(おとかた)沙羅(2年の守山千鶴さん作) 3、コヒガン君(2年の春日葉那さん作) 4、仁科華凛(かりん)(2年の遠藤瑞季さん作)に決まった。

いずれも服装や名前に、高遠町の桜や歴史、芸術文化に熱い地域性などを絡めたキャラクター。守山さんは「フードやベルトを付けて現代風のはかまにした。伊澤修二を尊敬する音楽好きの設定。公式キャラに選ばれてうれしい。高遠中をアピールできるように使ってほしい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP