保育園で家族型ロボット体験会 岡谷市

LINEで送る
Pocket

LOVOTを抱っこするなどして楽しむ園児たち=岡谷市川岸保育園

岡谷市は市内の公立保育園で、家庭用家族型ロボット「LOVOT」(ラボット)の体験会を開いている。子どもたちに最先端の技術に触れてもらおうと企画し、各園で8日までの6日間実施。子どもたちはLOVOTと一緒に遊んで楽しんでいる。

市は当初、5、6日に開催予定だった「ものづくりフェア2021」でLOVOTの体験コーナーを設置する予定だった。イベントに合わせて3体分のレンタルを手配していたが、新型コロナウイルスの影響で開催を見送ったことから、代替えの活用方法を検討。保育園での体験会を企画し、希望のあった10園と子育て支援館「こどものくに」で実施している。

LOVOTは、高さ約43センチ、幅約28センチ、奥行約26センチ。自動操作で部屋中を駆け回ったり、声や接触によって目で感情表現をしたりする。3体には市職員が「チョコ」「クッキー」「ココア」と名付けるなど、体験用に初期設定を行い準備した。

川岸保育園では4日に開かれ、同園の未満児~年長児92人と近隣の夏明保育園の園児7人が参加。LOVOTが登場すると園児たちは「かわいい」と大喜び。名前を呼んで呼び寄せたり、抱っこしたりして触れ合った。

川岸保育園年長の児童(6)は「抱っこしたら喜んでくれてうれしかった。また遊びに来てほしい」と笑顔だった。

おすすめ情報

PAGE TOP