「防災情報システム」運用開始へ準備 茅野市

LINEで送る
Pocket

茅野市は、災害情報をインターネット上で一元管理する「防災情報システム」の4月運用開始に向けて準備を進めている。被害状況が時系列で表示される仕組みで、市防災課は「被害の全容が把握しやすくなり、必要な対応が迅速にできる」としている。市民の生活再建に必要な罹災証明書を発行、管理する機能も持たせた。

自前のサーバーを持たず、クラウドサービスを活用し、専用IDを持つ各部署や地区コミュニティセンターから接続し、現地の被害状況や災害対応の情報を書き込んだり、写真を添付したりする。入力した情報は時系列で表示され、瞬時に共有できる。

システムでは受信した日時や内容、重要度、対応中か対応済みかなどの情報を一覧で掲載。地図機能に例えば浸水予想図を登録しておけば、浸水の可能性がある道路を避けて病院に行くルートなどを表示する。指定避難所の開設の有無や現在何人が避難しているかといった情報も確認できる。

県の防災情報システムと同じ仕組みのため、被害状況をネット上で県に直接伝えて情報を共有できる。建物被害の認定や罹災証明書発行、被災者台帳管理を一括で行う被災者生活再建支援システムの機能もある。

これまで被害状況は職員が電話やファクス、メールでやりとりしたり、ホワイトボートに手書きしたりしていた。システムを活用すれば情報が瞬時に可視化、共有化され、災害対応や市民への情報発信が円滑になるという。

市は運用前に職員研修を行う予定。5日、システム構築を委託した事業者から説明を受けた今井敦市長は「情報が一元的に見られるので、スピード感を持って対応できそうな印象だ。職員研修をしっかりやりたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP