雪上トレッキングが人気 富士見パノラマ

LINEで送る
Pocket

富士見町の富士見パノラマリゾートで雪上トレッキングが人気を呼んでいる。入笠山登山道と湿原付近一帯が3年ぶりの積雪に恵まれ、新型コロナウイルスの感染を避けて地元でレジャーを楽しみたい人たちの注目を集めて、休日ごとに来場者が増えている。

ゴンドラ山頂駅から入笠山への散策道の積雪は30~50センチあり、一面が白銀の世界。入笠山登山道も雪で岩の凹凸が埋まり、夏より登りやすくなり、冬山登山の初心者に向くのも魅力の一つという。

「空気が澄み、夏より遠景が見渡せる。晴天率の高さが強み」と同施設。足元の滑りを防ぐ西洋かんじき(1日2000円)やスキーウエアの貸し出し、入門教室(予約制)などもあり、気軽に体験できる。

新型コロナの感染拡大の影響で来場者が激減して苦戦が続く中だが、「地元の人たちに魅力を知ってもらえたら」としている。3月末のシーズンいっぱいは楽しめる見通しという。ゴンドラの運行は午前8時30分~後4時30分。

おすすめ情報

PAGE TOP