下諏訪の美容室 独自の「GOTO」ネットで

LINEで送る
Pocket

リアンの需要喚起策「GOTOヘアー」をPRする山崎代表

美容室の「ヘアースペース リアン」(下諏訪町西豊、山崎秀司代表)は10日から、新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい経営状況が続く個店同士が協力し、需要を喚起するキャンペーン「GOTOヘアー」を始める。インターネットを通じた同店予約客が割引特典を得られるだけでなく、地元の協力店に持参するとクーポンとして使えるチケットも発行する。

コロナ禍で外出しにくい雰囲気を打破しようと計画した。都内の美容室の美容師が動画の中で発した言葉をヒントに企画し、交流のある店舗関係者らに提案したところ「面白そうじゃん」と、とんとん拍子で準備が進んだ。

キャンペーンでは、ネット予約で2割引とし、トリートメントや頭皮クレンジングなど次回使えるサービスクーポンも進呈。同時に協力店で使えるクーポン券を発行する。協力店はいずれも岡谷市で映画館の岡谷スカラ座、書店の笠原書店、花屋のダンフラワーズ、カフェのヒルバレーといちごジャム。チケット配布は3月末まで、利用は4月末まで。

山崎代表は「ちょっとしたお出掛け、リフレッシュに使ってもらえれば。美容室できれいになって地元の街を楽しみませんか」と話している。問い合わせはリアン(電話0266・78・8230)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP