村から見える山覚えて 原村が山名をチラシに

LINEで送る
Pocket

原村から見渡せる東西南北の山々の名前をまとめたチラシ

原村は村から見渡せる山々の名前をまとめたチラシを作成した。八ケ岳連峰や北アルプス、入笠山や甲斐駒ケ岳方面など東西南北の4方向の山々の写真を掲載し、写真に山の名前と標高を落とし込んだ。村商工観光課担当者は「地元の人にも改めて山の名前を知ってもらえたら」と活用を呼び掛けている。

表面には青空に映える山々の写真を掲載。山容と名前が一目で一致するように表記した。山の読み方もローマ字で表記。裏面には村内のマップを掲載し、チラシの掲載写真の撮影場所を明記した。わらにょうのある「払沢区憩いの広場」や八ケ岳ズームライン沿い、八ケ岳鉢巻道路、まるやち湖など、山が見渡せる村内の絶景ポイントも紹介している。

担当者の清水知美さんによると、以前から観光客などから山の名前を知りたいとの要望が多かったという。村内各地に山の案内板はあるが、全方向をチラシにまとめた。夏は快晴の日は少ないといい、秋から冬にかけての雲のない日を選び、「山がきりっと見える」写真を厳選。「地元の小学生にも山の名前を覚えてほしい。チラシで”原村通”になって」と話している。

村役場などに配架するほか、村ホームページの観光パンフレット紹介ページからも印刷できる。

おすすめ情報

PAGE TOP