ピアノ、ダンス授業の成果 伊那西高で発表会

LINEで送る
Pocket

息を合わせて仲間とダンスを披露する伊那西高校の1年生

伊那西高校(伊那市)は10日、選択授業の成果を披露する「学習発表会」を同校講堂で開いた。ピアノ、ダンスの2講座で学ぶ1、3年生合わせて48人が出演。コロナ禍で会場と各教室をオンラインでつないだ生配信での発表に切り替え、ステージを繰り広げた。

ピアノでは、代表生徒が「生演奏の良さや音楽の楽しさ、感動を届けられるように頑張ります」とあいさつ。独奏と連弾に分かれ、クラシック曲やアニメのテーマ曲「崖の上のポニョ」などを奏でた。初心者が多く、途中で指が止まりながらも最後まで熱心に取り組んでいた。

ダンスでは10のグループが登場。ヒップホップや韓国のアイドルグループの振り付けを取り入れ、元気よく踊った。曲に合わせて衣装の変更や、一人で踊る見せ場をつくるなどして工夫。仲間から大きな拍手を受けていた。

連弾を披露したともに1年の生徒は「緊張してしまい、本番は息を合わせるのが難しかった」「特に力を入れて練習してきたのがさびの部分。大きな音で弾けたと思う」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP